上のメニューが正しく表示されない方は右のボタンをクリックしFLASH PLAYER
をインストールして下さい

ごあいさつ 日本画を描き始めて30年余りになり 此の頃やっと
自由に筆運びが出来、たまには絵の中でダンスしたりして
描くときを過ごしています。
ここ数年来、誰も居なくなった工場に忘れ去られた
巨大な鉄のかたまりやねじれた鉄柱のさび そして
名も知れない道に転がっている、誰からも見られることもない石や鉄くずなどに心惹かれその一つ一つを心に留めながら絵に反映させるよう努めています
求めるものは その奥の透明感です

日本画とは和紙などに水干絵具や岩絵具を膠水(にかわすい)で溶いて、筆やはけで描いてゆく絵です。
もともとの絵具の美しさをさらに組み合わせと
技法のよって深い色合いを生み出し表現していきます。
金箔、銀箔、金銀泥(でい)や墨を使うのも面白みのひとつです
また、様々な絵肌(マチエール)を、経験によって創り出したり、新作の度に新しく生み出したりして心的表現を深めることができます。
伝統的技法を大切にしつつ 現代的表現を試行錯誤しながら創作していくなかに可能性が広がり 楽しさとともに制作が進んでいきます。

12月14日画像ページ追加